消費者金融一覧:大手~中小正規業者を根こそぎ調査
> お金を借りる:豆知識

知ってたらちょっと得するかも!?消費者金融豆知識まとめました!

消費者金融を利用する前に基本的な知識を知ることは大事ですが、すでにご存知の方には知っておくと得する豆知識をご紹介したいと思います。豆知識というのはその名の通り、知らなくても損害を被ることではないのですが、知ることでもっと効率よくもっと賢く消費者金融を利用することができるのです。

消費者金融の豆知識というと例えばどのようなものがあるのでしょうか。最も役立つ情報といえば審査に関することです。審査を左右する信用情報の存在や審査に通らない主な理由についてはみなさん興味ありますよね。

その他にもちょっと気になる消費者金融の歴史やグレーゾーンについて、また詐欺被害をはじめとするトラブルについても知っておくと被害を防ぐことができます。消費者金融を利用する前にもう少しだけ踏み込んでおきたいという人はぜひこの記事をチェックしてみてください。

ちょっとした豆知識を知ることで消費者金融を優位に利用できること間違いありませんよ。

サラ金から消費者金融へ!消費者金融の長い歴史を振り返る

消費者金融を語るうえでまず知っておきたいのはその歴史です。そもそもかつては悪名高かった消費者金融が現在のようにクリーンで安全になったのにはどのような経緯があるのでしょうか。

消費者金融は1960年代に大阪で発祥したと言われています。当時は事務所が街の中心にあり、利用者の大半がサラリーマンだったため街金とかサラ金とか呼ばれていました。その後高度経済成長とともに爆発的に利益を得るようになった消費者金融ですが、当時は法律も整備されておらず返済に困って自殺や夜逃げをする人が増えました。

消費者金融は社会問題となり、徐々に金利や借入額が制限されていきます。バブル以降、以前のような利益を得ることができなくなった業界は縮小し、生き残った大手消費者金融の多くは銀行の傘下に入ります。

業界はイメージアップに成功し、一時は低迷した消費者金融も現在では健全な経営で多くの人に受け入れられています。最近ではキャッシングやカードローンのなど横文字で呼ばれることも多くなっています。

グレーゾーンとは?

消費者金融の歴史を調べているとよくグレーゾーン金利というものが出てきますが、これは一体なんでしょうか。

平成22年6月17日以前は、利息制限法が定める金利(15~20%)と出資法で罰則を定めている金利(29.2%)の2つが存在しました。この金利の差を利用して、消費者金融は罰則を受けないぎりぎりの高金利で貸付を行っていたのです。

しかし、平成22年6月18日に出資法の上限金利が利息制限法と同様の20.0%に引き下げられたためグレーゾーン金利を利用した貸し付けはできなくなりました。

現在は金利20.0%以上で貸付を行うと行政処分を受けます。

誰もが気になる審査のこと!審査を左右する信用情報とは?

豆知識と呼んでもいいのかわからないくらい重要な項目の一つが審査についてです。いくら消費者金融のメリットについて理解したところで審査に通らなければ利用することさえできないのです。

消費者金融は銀行カードローンに比べると審査に通りやすいと言われていますが、もちろん誰でも審査に通るわけではありません。審査に落ちるのにはそれなりに理由がありますので、審査内容を把握し、審査対策を行う必要があります。

消費者金融では主に年収、勤務先、過去の借入歴、他社からの借入について調べます。

返済能力を測るうえで年収や勤務先は当然ながら大事です。しかし、それ以上に大事なのが過去の借入歴です。

信用情報とは?

過去の借入歴とは個人の金融履歴のことでこれは信用情報として金融機関の間で情報が共有されています。過去に返済の遅れや滞納がないか、クレジットカードは何枚持っているか、債務整理や自己破産の履歴はあるかなど、他社からいくら借りているかなどお金に関する情報が詰まっています。

この金融履歴をチェックすることできちんとお金を返してくれる人物かどうか判断するわけです。過去に借金を踏み倒した経験のある人は要注意です。

また消費者金融を解約したからと言ってこの情報が消えるわけではありません。完済後5年ほどは記録が残ると言われているので信用情報に傷をつけないようにすることはとても大事です。

審査に通らない理由ベスト3

信用情報についてご理解いただけたところで、審査に通らない理由を推測してみましょう。審査に落ちてしまってもその利用を開示する義務は消費者金融にはありません。そのためある程度自分で推測しないと再び同じ理由で否決となってしまうわけです。

下記の項目に心当たりはありませんか。

  • 信用情報に問題がある
  • 希望限度額が高すぎる
  • 在籍確認に問題がある
  • 一度に複数の申込をしている
  • 勤続年数が短すぎる
  • すでに他社から多額の借入がある

審査に通らない理由として以上のことが考えられます。信用情報については前述の通り、問題があるとお金を返さない人というレッテルが貼られてしまいます。日ごろから信用情報に傷がつかないように注意してください。

この中でとくに注目したいのが一度に複数の申込をする行為です。

一度に複数の申込をすると経済的にとても困っているという印象を与えてしまいます。

また他社から借入がある場合、返済能力が低いと判断されるほか、年収の1/3以上借入できないという法律に違反してしまうことも考えられるため審査に影響することもあります。

増額にも審査あり

消費者金融の審査には新規申込の他に、増額審査というものがあります。初回の限度額が低めでも増額を希望することで限度額をアップすることが可能です。

限度額をアップするためには電話や会員専用ページから増額の申込が必要です。その後、信用情報などをチェックして問題がなければ増額が実現します。

増額審査に通るためには半年以上返済などの遅れがないなど返済実績を積む必要があります。

返済に行き詰まった!借り換えや一本化がおすすめ

続いては返済に関するお話です。こちらも豆知識というよりはしっかり把握しておいて欲しい内容となっています。

消費者金融の金利は限度額にもよりますが、約14.0%~20.0%となっていて、借入額によっては高い利息を支払うことになります。なんらかの事情により返済が厳しいということになった場合には対応策を考えなければなりません。

多くの場合、繰り返し借入をしたり、複数の消費者金融で借入をするなど多重債務と呼ばれる状況に陥っています。複数の借入がある場合には借り換えローンやおまとめローンという選択肢があります。

借入を一本化

借り換えローンやおまとめローンというのはその名の通り借金を一本化する方法です。

借入先が複数あると金利や返済日がばらばらでお金の管理が難しくなります。

また消費者金融では限度額が高いほど金利が低いという仕組みになっているため3社から40万円づつ借入するよりも1社から120万円借りる方が低い金利で借入できるのです。

消費者金融のほとんどが借り換えやおまとめローンを取り扱っていますので、相談してみるといいでしょう。また属性が高い場合には銀行カードローンを利用してさらに低い金利で借入できるケースもあるのでチェックしてみてください。

これって詐欺?トラブルに巻き込まれたら相談窓口へ

そして、最後は消費者金融がらみのトラブルに関する情報です。消費者金融は法律が改正されてからはトラブルが減りましたが、全くないというわけではありません。トラブルに巻き込まれないためにも被害の実態を把握しておいた方がいいですね。

闇金に要注意

まずは高い金利での貸付や暴力による取り立てを行う闇金業者についてご説明しましょう。闇金業者は以前よりその数は減りましたが、今も社名を変えたり、方法を変えたりして借入先に困っている人を勧誘しています。

闇金業者を見分けるコツですが、まずは貸金業登録番号が正規のものかどうか確認しましょう。

金融庁のHPで照らし合わせることができますので、正規の会社か否かチェックしてください。

その他にも携帯番号しか記載されていない、住所に会社が存在しない、審査なしブラックOKなどと宣伝しているなど怪しい点があれば関わらないようにしましょう。また闇金情報を交換できるサイトもありますので、口コミを参考に闇金かどうか判断することも可能です。

詐欺被害多発

その他にも消費者金融を利用した詐欺被害も多発しています。消費者金融の実態を調査するモニターになってくださいと言われ、消費者金融で借入させられます。アルバイト代という名目で借入したお金の一部を渡され、後はこちらで返済しておきますと言われますが結局は返済されずじまい。

一か月後に消費者金融から催促の連絡が来て初めて詐欺にあったと気づくというパターンです。とても簡単にお金が稼げますよと勧誘されても安易に協力したりしないようにしましょう。

知り合いでも名義貸しは危険

名義貸しという行為について聞いたことはありますか。名義貸しとは他人に頼まれ自分の名義で借金をしたり、口座を作ったりする行為です。いくら他人に頼まれたからと言い訳しても返済義務は名義人にあります。

名義貸しのトラブルは知人同士の間でも起こります。友人から頼まれて消費者金融で借入をし、カードを渡してしまった。最初はきちんと返済してくれたが、その後連絡がつかなくなったというのはよくあるパターンです。

男女が恋愛関係にあるケースも多く、友人や恋人だから安心と思わずにいくら身近な存在でも名義貸しは絶対にやめましょう。

豆知識だけど結構役立つ!消費者金融は賢く利用するのがいい

知っていると案外役立つ消費者金融の豆知識まだまだありますが、今回は厳選してご紹介しました。とくに消費者金融初心者の方にとっては目から鱗の情報もあったのではないかと思います。

とくに審査の要である信用情報については積極的に知ってほしい部分です。どんなに好条件な借入先があっても審査に通らなけらば借入できません。また信用情報で怖いのが返済遅れなどで傷がつくことです。

また限度額が想定外に低くてがっかりしている人も増額によって限度額アップも夢ではありません。

その他にも返済が苦しくなったときに利用できる借り換えローンやおまとめローンの存在も知っているといざというときに安心ですね。いろいろ便利な消費者金融ですが、もちろん時にはトラブルもあります。

闇金の存在や詐欺被害はもちろん、名義貸しは自らトラブルを引き起こす行為ですので十分注意しましょう。基本情報はもちろんですが、少しづつ消費者金融について深堀りしていくことでトラブルを避け、より快適に消費者金融を利用することが可能になります。

消費者金融の他社借入が4社目…複数借入は何件までOK?

消費者金融の借金を4社などから行っている方もいるかもしれません。そうなると、それ以上借りることができないのではないかと思われる場合もあります。 では、もし5社以上の借入があったとしても問題がない場合とは、一体どう...

続きを読む

消費者金融で借りたお金を返さないとどうなるの?遅延損害金とは

突然ですが、あなたは消費者金融で借りたお金を返さなかったことや、無断で返済を延滞してしまったことはあるでしょうか? ちょっと考えただけでも、決して良い結果にはならなそうですよね。「そんな恐ろしいこと、したことない...

続きを読む

消費者金融を利用するのはどんな人?男女別年齢別にチェックしてみた

消費者金融は60年代に発祥し、様々な歴史を経て現在に至っています。最近ではサービスが充実し、手軽でスピーディな借入が可能となりました。しかし、気になるのが消費者金融の利用者についてです。 消費者金融というと中高年...

続きを読む

消費者金融とはホントはどんなもの?その興味深い歴史を振り返る

すっかり私たちの生活に定着した消費者金融、実際に利用経験がある人も少なくないはずです。安全で手軽に借入できる消費者金融を救世主と感じる人もいるようですが、消費者金融がこのように健全な経営を行うようになるまでには長い...

続きを読む

悪名高い武富士!武富士の歴史と現在の状況がすごい!

現在ではすっかり安全で手軽に利用できるようになった消費者金融ですが、その歴史は実に長く壮絶です。消費者金融の歴史を語るうえで絶対に欠かせないのが武富士の存在です。昭和生まれの人の中には武富士の社名を知らない人はいな...

続きを読む

消費者金融トラブルでもう悩まない!相談窓口はこちら!

消費者金融は以前よりずっと安全で利用しやすくりましたが、それでもトラブルが後を絶ちません。しかし、実際には消費者金融側に問題があるというよりは自分が結果的にトラブルを招いてしまったというケースがほとんどです。 し...

続きを読む

消費者金融はかつて怖い存在だった!ヤクザによる取り立ても!

現在では消費者金融は安全で手軽になり、利用者数も増加傾向にありますが、昭和世代の人々の中にはいまだに消費者金融は怖い、危険というイメージを持っている人も少なくありません。 消費者金融は確かにかつてはむちゃくちゃな...

続きを読む

消費者金融の借入でウソがばれる!給料明細や免許証の偽造は犯罪!

消費者金融を利用したいけど収入は低いし、属性は弱いし、審査に通るかどうか不安を感じているのはあなただけではありません。しかし、審査に自信のない人の中にはウソの内容を申告する人もいます。 消費者金融の申込は手軽だし...

続きを読む

消費者金融自体は安全になったのに!消費者金融を利用した詐欺に注意

消費者金融はなんだか怖いというイメージを持つ方は今でもいます。確かに以前は高金利や暴力による取り立てなどの問題がありましたが、現在では金利や限度額に制限が設けられ誰でも安全に利用することができます。 大手消費者金...

続きを読む

消費者金融の借入を一本化したい!借金を一つにまとめる方法!

消費者金融はとても便利で安全になりましたが、最大のデメリットは手軽過ぎてついつい借り過ぎてしまうことです。申込はインターネットから申込フォームを送信するだけ、必要書類は一定の限度額以下なら本人確認書類のみでOKなの...

続きを読む
トピックス
ページトップへ