消費者金融一覧:大手~中小正規業者を根こそぎ調査

借入先選びは慎重に!消費者金融初心者におすすめは人気の大手!

消費者金融を利用する前の基礎知識や知っているとお得な豆知識について理解された方はいよいよ申込準備に入ります。消費者金融は大手から中堅まで全国に多数ありますので、借入先選びは決して簡単ではありません。

一度に複数の申込をするのは信用情報に記録される可能性があるのでNGです。まずは自分に合った一社を厳選しましょう。消費者金融初心者の方であれば、まずはサービスが充実していて使い勝手が良い大手消費者金融をおすすめします。

大手消費者金融といえば、アコム、モビット、アイフル、プロミスの4社ですがいずれも負けず劣らぬ老舗ばかりで個人向け融資のエキスパートと言えるでしょう。長い歴史の中で培ったノウハウを生かして、利用者の立場に立ったサービスが魅力です。

大手消費者金融の中には大手銀行と提携したり、傘下に入ったりしている会社もありますので信用性もアップして、安心安全は当たり前です。

人気の大手4社にはそれぞれ特徴があります。借入先を選ぶためにはまずは4社の基本情報やサービスなどを比較検証する必要があります。

初めての方30日間金利ゼロ!知名度の高さならやっぱりプロミス

まず最初にご紹介したいのはその社名を知らない人はいないほど知名度抜群の大手消費者金融プロミスです。

プロミスは審査が最短30分、初めての方は30日間金利が無料になるなど初心者にとってとても使いやすいキャッシングです。

金利 限度額 返済方式
4.5%~17.8% 1万円~500万円 残高スライド元利定額返済方式

プロミスの申込について

プロミスの申込はWEB、来店、電話、郵送などで行うことができます。お急ぎの方や遠方にお住まいの方は、申込から借入までWEBでできるWEB完結が対応しています。

申込資格

  • 申込資格は、年齢20~69歳の安定した収入のある方
  • 主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方申込可能

必要書類

  • 本人確認書類(免許証、パスポートなど)
  • 収入証明書類(限度額が50万円を超える場合)

申込の流れ

申込(WEBの場合、24時間365日受付)

審査完了後、契約可能額をメールまたは電話で連絡

WEBまたは来店による契約

振込またはカード発行後ATMにて借入

プロミスの借入について

プロミスの借入方法ですが、パソコン、スマホ、携帯電話を利用して振込キャッシングを行うことができます。

三井住友銀行またはジャパンネット銀行口座をお持ちの方は手続き後数秒で口座振込が完了する「瞬フリ」を利用することが可能です。

カードをお持ちの方はお近くのプロミスATMまたは提携ATMを利用して借入ができます。またお客様サービスプラザの窓口にて借入が可能です。

プロミスの返済について

プロミスでは残高によってご返済額が変動する「残高スライド元利定額返済方式」を採用しています。返済日は5日、15日、25日、末日の中から都合に応じて選ぶことができます。余裕のある時には繰上返済や一括返済も受け付けています。

HPから返済シュミレーションを利用することができますので、毎月の具体的な返済額を知ることができます。

プロミスのサービスについて

プロミスでは新規利用者に限り30日間無利息を実施しています。メールアドレスを登録し、WEB明細を利用することが条件となっています。

プロミスインターネット会員サービスではポイントが貯められるポイントサービスや返済日お知らせメール、瞬フリ(振込キャッシング)や口フリ(口座振替)などを利用することができます。

プロミスにはレディースキャッシングもありますので、女性の方でも気軽にお金の相談ができます。

アイフルも負けてない!借入前の1秒診断が人気

アイフルの特徴といえば、通常のキャッシングローンのほか、おまとめMAX、事業サポートプラン、女性向けのSuLaLiなど種類豊富な商品ライナップで自分に合った商品をみつけやすいことです。今回はキャッシングローンについて調べてみました。

アイフルは審査が最短30分で完了し、即日融資が可能です。

金利 限度額 返済方式
4.5%~18.0% 1000円~500万円 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式

アイフルの申込について

アイフルはインターネット、来店、電話で申込を受け付けています。お急ぎの方はインターネット申込後、フリーダイヤルに電話することでスピーディに審査を受けることができます。

申込資格

  • 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、アイフルの基準を満たす方

必要書類

  • 本人確認書類(免許証、パスポートなど)
  • 収入証明書類(限度額が50万円を超える場合)

申込の流れ

申込(インターネット、来店、電話)

審査(最短30分)

契約手続き(来店、インターネット、郵送)

借入(全国の提携ATM)

アイフルの借入について

解約完了後、借入はアイフルATMまたは提携ATM、インターネットやフリーダイアルによる振込予約、アイフル店舗にて融資を受けることができます。

借入できるか不安という人はHP上から利用できる一秒診断をお試しください。雇用形態、年収、他社から借入などの情報を入力するだけで借入が可能かどうか1秒で診断してくれます。

アイフルの返済について

アイフルの返済は借入後残高スライド元利定額リボルビング方式となります。返済は振込、口座振替、コンビニ、提携ATM、アイフルATMのいずれかで行うことができます。返済日は35日サイクル、もしくは毎月都合のいい日を選ぶことができます。返済日を知らせてくれるaiメールもあります。

毎月の返済額を知りたいという方は返済シュミレーションを活用し、返済サイクルや借入額、借入期間、金利を入力すると金額を算出してくれます。

アイフルのサービスについて

アイフルの30日間無利息サービスや1秒診断が人気ですが、その他にも誰にも知られずカードを受け取る2つの方法があります。

不在がちな人でも「配達時間えらべーる」を利用すれば指定した時間に本人限定で配達をしてくれるため、家族に消費者金融の利用が知られることはありません。

また自宅以外で受け取りたい場合でも、無人契約でんわボックス「てまいらず」を利用すればお近くの「てまいらず」でカードを受け取ることが可能です。

その他にも会員専用のマイページからは口座照会、増額手続き、振込融資、aiメール、各種登録情報の変更を行うことができます。

知名度抜群!初めての消費者金融ならやっぱりアコム!

次にご紹介するのは人気タレントを採用したCMが記憶に新しいアコムです。アコムが他社とは違う点はクレジットカードを発行しているということです。初めて世界のマスターカードからライセンスを取得した消費者金融がアコムなのです。

金利 限度額 返済方式
3.0%~18.0% 800万円 定率リボルビング方式

アコムの申込について

アコムの申込はパソコン、スマホ、携帯、むじんくん、店頭窓口、電話、郵送の中から選ぶことができます。事前申し込みで審査を最短30分で完了することができます。24時間365日、土日祝日でも申込が可能です。

申込資格

  • 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、アコムの基準を満たす方

必要書類

  • 本人確認書類(免許証、パスポートなど)
  • 収入証明書類(限度額が50万円を超える場合)

申込の流れ

申込

必要書類の提出

審査結果の連絡

契約内容の確認

借入

借入が不安な人は必要事項を入力するだけで借入が可能かどうかわかる3秒診断を利用することができます。

アコムの借入について

アコムの借入はインターネットや電話から24時間振込融資を受け付けています。またカードを使ってATMで借入や、店頭窓口で借入することも可能です。振込融資の場合、手数料は無料です。

また楽天銀行口座をお持ちなら、24時間最短1分で振込が可能です。

アコムの返済について

アコムの返済は定率リボルビング方式となります。返済日は35日ごとまたは毎月指定日に返済することができます。口座振替を利用する場合は毎月6日が自動引き落としとなります。

返済はアコムの会員メニューからインターネット返済をすることが可能です。インターネット返済なら手数料無料で24時間返済が可能です。

毎月の返済額を知りたい方は返済シュミレーションを活用しましょう。返済利率ごとの返済早見表をチェックすれば返済期間や返済回数に応じた毎月の返済額を確認することができます。

アコムのサービスについて

アコムではほかの消費者金融同様30日間無利息サービスを実施しています。また会員メニュからは明細書の受け取り、返済日やキャンペーン情報を教えてくれるメールサービスを利用できます。

増額を希望する場合にはコールセンターに増額の申込をする必要があります。

アコムのクレジットカードをお持ちの方は海外でもカードローンを利用することが可能です。

電話連絡なしで申込できるモビットのWEB完結

最後にご紹介するのは赤のイメージカラーが印象的なモビットです。

最近ではスマホアプリを利用してカードなしでセブン銀行ATMを利用できるなど進化し続けている消費者金融です。

ネットで申込から借入までできるWEB完結があることも人気の理由です。

金利 限度額 返済方式
3.0%~18.0% 1万円~800万円 借入後残高スライド元利定額返済方式

モビットの申込について

申込はパソコン、スマホ、携帯、郵便、電話、ローン申込機から行うことができます。お急ぎの方は申込後、フリーコールに電話をかけるとすぐに審査を開始し、その場で会員登録が可能です。申込前に借入診断を試すことで借入できる可能性の有無をチェックできます。

申込資格

  • 満年齢20才~69才の安定した収入のある方(モビットの基準を満たす方)
  • アルバイト、パート、自営業の方も利用可能

必要書類

  • 本人確認書類(運転免許証の写し、無い場合はパスポートなど)
  • 収入証明書(源泉徴収票の写し、所得証明書の写し、核的申告書の写しなど)

申込の流れ

申込

審査結果の連絡(メールまたは電話)

カード発行(郵送またはローン申込機)

モビットから必要書類を送付

書類の返送

WEB完結を利用する場合、審査完了メール内のURLから審査結果照会ページへアクセスして入会手続きを行うことができます。

モビットの借入方法について

モビットの借入方法には振込キャッシングと提携ATMキャッシングの2通りがあります。振込キャッシングの場合、会員専用サービス「Myモビ」、または電話で、指定口座への振込手続ができます

提携ATMは全国の金融機関やコンビニで利用できます。

モビットの返済方法について

モビットの返済は最終借入後の残高に応じて変動する借入後残高スライド元利定額返済方式を取り入れています。毎月の返済日は都合に合わせて、5日、15日、25日、末日から選ぶことができます。また余裕のあるときは追加融資が可能です。

返済方法は提携ATM、口座振替、銀行振込から選ぶことができます。ただし、口座振替は三井住友銀行口座もしくは三菱東京UFJ銀行の口座をお持ちの方に限ります。

モビットのサービスについて

モビットのWEB完結を利用すればお急ぎの方も面倒くさがり屋の方も電話連絡や郵送なしでスピーディに申込を行うことができます。会員専用サービス「My モビ」を利用すればスマホアプリを使ったATM取引や振込キャッシング、利用状況の照会などを行うことができます。

毎月の返済額が計算できる返済シュミレーションは申込前にぜひ一度活用してください。

消費者金融初心者は手取り足取りサービス豊富な大手がおすすめ!

消費者金融を利用することに決めても借入先選びでつまづく人が少なくありません。全国には優良な中堅消費者金融も数多くあるのですが、初心者は消費者金融の仕組みを学ぶ意味でもまずは大手がおすすめです。

大手消費者金融、プロミス、アコム、アイフル、モビットなどはみなさんも一度はその社名を耳にしたことがあるでしょう。いずれも金利は3.0%~18.0%で、限度額によって金利が決まります。そして注目したいのが充実したサービスです。

30日間無利息ローンはもはや当たり前で、アイフルの「配達時間えらべーる」やモビットの電話連絡なし、郵送なしのWEB完結も魅力的です。また会員専用ページにログインすれば返済日お知らせメールや増額をはじめとする各種手続きを行うことができます。

消費者金融初心者はわからないことや戸惑うことも多いと思いますので、電話一本ですぐに回答してくれるフリーコールもありがたいですね。

誰しも迷う消費者金融選びですが、お持ちの銀行口座やWEB完結の有無など自分にとって使い勝手がいい借入先を選ぶのがいいですね。大手消費者金融はいずれも信頼、スピード、サービスの点で引けを取りませんので初心者にはおすすめです。

消費者金融どこ選ぶ?アコムのメリット・デメリットまるわかり!

アコムといえば言わずと知れた大手消費者金融。消費者金融を利用したことがないという人でも「はじめての!アコム」というフレーズは一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 初めてお金を借りるときは、何かと不安...

続きを読む

消費者金融プロミスは使える?メリット・デメリット検証!

プロミスは大手消費者金融ということもあり有名ではありますが、実際にどういった商品を扱っていてどの様にして借りられるのかという点を知らない方も多いのではないでしょうか。お金に困り借りたいならば、その前に業者の詳細も知...

続きを読む

消費者金融SMBCモビットの口コミ検証!噂は本当なの?

SMBCモビットはテレビCMも放映されたりしているため、社名は覚えている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、実際にはどういった詳細になっているのかを知らないケースもあるでしょう。 そこで今回は、SMBCモビッ...

続きを読む

大手消費者金融ならではの充実したサービス!商品豊富なアイフル

消費者金融初心者にとって借入先選びはとても大事です。しかし、実際には全国に多数ある消費者金融から一社に絞るのはなかなか困難です。それなら、利用者が多く安心して借入できる大手消費者金融がおすすめです。 大手消費者金...

続きを読む
トピックス
ページトップへ