消費者金融一覧:大手~中小正規業者を根こそぎ調査
> お金を借りる:基礎知識

申込前に絶対知っておきたい消費者金融の利用方法と基礎知識!

みなさんの周りにも消費者金融を日常的に利用している人少なくないと思います。興味はあるけど、決断できない人のために消費者金融に関するすべての疑問にお答えます。消費者金融の利用方法や審査のこと、返済方法や注意点などをきちんと把握していないまま借入するのでは賢く借入することはできません。

消費者金融初心者にとってまず気になるのが申込から借入までの基本的な流れや返済についてのこと。もしも返済に行き詰まったらどうしようという不安も良く聞かれます。

申込資格や申込方法、必要書類や審査の一環として行われる在籍確認のことなどから始まり、返済ルールや様々な注意点、闇金の危険性などについても詳しくかつ丁寧にご説明していきたいと思います。

消費者金融の利用を検討中の方はまずこの記事を読んで勉強しましょう。ルールを守って借入していればトラブルに巻き込まれることはまずありません。不安を払しょくし、トラブルを回避するためにもまずは消費者金融の知識を深めることが大事です。

銀行カードローンと消費者金融の違い!メリットデメリットについて

消費者金融の利用方法についてご紹介する前にまずは消費者金融の仕組みや消費者金融を利用するメリットデメリットについてご説明しましょう。

お金が必要になったとき主な借入先として挙げられるのは銀行カードローンと消費者金融です。

いずれも契約時に限度額が設定され、その範囲内で借りたり返したりすることができます。

最初にまとまったお金を借りる通常のローンとは異なります。

元々は消費者金融は個人向けの小規模融資に特化していましたが、現在では銀行も個人向けのカードローンに力を入れています。銀行カードローンと消費者金融はどのように違うのでしょうか。どちらで借入するのがお得なのでしょうか。

銀行カードローンと消費者金融を比較し、それぞれのメリットデメリットについてみてみましょう。

メリット デメリット
銀行カードローン 金利が低い・限度額が高い・サービスが充実 審査が厳しい・時間がかかる
消費者金融 審査が通りやすい・審査が早い・即日融資あり 金利が高い・限度額が低い

以上が銀行カードローンの消費者金融の違いですが、実は年々この線引きはあいまいになっています。銀行カードローンの中にも即日融資を行っているところが多数ありますし、審査ハードルも下がっています。銀行カードローンの魅力はなんといっても金利が低いことです。

また消費者金融側も大手銀行と提携して銀行さながらのサービスを実施していますので、利便性で劣るということはありません。

さらに審査に対して柔軟な対応をしてくれるという点では消費者金融が一歩リードしています。

消費者金融を利用してみたいと思ったらまずは申込の流れをチェックしてみましょう。

申込から借入までの流れ!在籍確認とは?

消費者金融でお金を借りると決めたらまずは借入先を決めて申込を行います。大手から中堅まで全国に多数の消費者金融があり、借入先に迷いますが自分に合った借入先をみつけることで借入も返済もスムーズに行うことができます。

申込資格と申込の流れについて

最近ではインターネットによる申込が主流です。消費者金融のHPから申込フォームに必要事項を入力し、送信します。その内容をもとに審査が行われ、その際には必要書類の送付や在籍確認が必要になります。

最終的に審査の合否と限度額について連絡が来ます。契約手続き完了後、振込またはATMを利用して借入が可能となります。

必要書類について

消費者金融の審査に必要になるのはおもに二つの書類です。

  • 運転免許証やパスポートなどの本人確認書類
  • 収入証明書

収入証明書はおもに限度額が50万円を超える場合、他社の借入と合計した金額が100万円を超える場合に必要となります。

書類はメールに添付したり、アプリで送信することができます。

在籍確認について

消費者金融の審査では年収を確認します。そのためには申告された勤務先に勤務実態があるか調べる必要があります。勤務先に電話をかける作業を在籍確認と言います。

在籍確認では消費者金融の社員が申告された勤務先に電話をかけ、申込者が本当に在籍しているのか確認します。

消費者金融の社員が電話をかけるので、会社に消費者金融の利用がバレるのではないかと懸念する人もいますが安心してください。

電話をかけるときは社員が個人名でかけ、また不在でも在籍が確認されれば何度も電話を掛け直すことはありません。在籍確認は大事な審査に一環なので、基本的には在籍確認は必ずあると考えた方がいいでしょう。

返済できなくなったらどうなる!?知っておくべき返済ルール

審査の次に気になることといえば返済に関することです。消費者金融を実際に利用する前には必ず毎月の返済額を確認しましょう。借りてからこんなはずじゃなかったと返済に行き詰まることがあっては大変です。

毎月の返済額は金利によって決まります。消費者金融の金利は14.6%~20.0%の範囲内というのが一般的です。金利は限度額に応じて決まり、限度額が高い方が金利が低くなります。

また消費者金融では残高スライドリボルビング方式という返済方式を採用している会社がほとんどです。

残高スライドリボルビング方式とは毎月の返済額が残高に応じてスライドしていく仕組みです。

スライドする部分は元金だけの場合と元金+利息の場合などがあります。返済の仕方によってはなかなか元金が減らないということにもなりかねませんので、余裕のある時は繰上げ返済をおすすめします。

いずれにしても借入先の返済方式についてはしっかり確認することをおすすめします。

返済シュミレーションを活用する

そうはいっても、金利や返済方式など複雑で毎月の返済額がはっきりとわからないという方は返済シュミレーションを活用しましょう。

返済シュミレーションとは消費者金融のHP上で利用できるツールで借入額、金利、借入期間を入力すると毎月の返済額を算出してくれます。また毎月の返済額を表にした返済計画表によって返済額、元金、利息、残高などを確認できますので大変便利です。

具体的な数字を確認し、本当に無理なく返済できるのか借入前にもう一度考えてみましょう。

一歩間違えばトラブルに発展!消費者金融を利用する際の注意点

消費者金融がいくら手軽で安全になったとはいえ、借金をするわけですから一歩間違えばトラブルに巻き込まれる可能性はゼロではありません。消費者金融にまつわるトラブルとはどのようなものがあるのでしょうか。

返済に行き詰まったらどうする!?

まず心配なのが返済のことです。もしもなんらかの事情で返済が困難になったらどうすればいいのでしょうか。返済日が過ぎても返済がされない場合、まずは担当者から登録した電話番号に電話がかかってきます。

その際には事情を説明し、次の返済日を設定してもらいます。返済が難しい場合には返済計画の見直しの相談に乗ってくれることもあります。

絶対に避けたいのが連絡を無視して放置することです。後ろめたい気持ちで連絡を絶ってしまう人がいますが、これでは消費者金融としても不信感を募らせてしまいます。その結果、督促状が送られてきたり、最終的に債権が取り立て専門の会社に移ることになってしまいます。

返済できない場合はきちんと借入先に連絡し、返済計画の見直しなどの相談をしてみましょう。

間違っても返済しないまま連絡を絶つようなことはしないでください。

違法な闇金の見極め方

そしてもう一つ危険なのが闇金と呼ばれる違法な貸金業者の存在です。

闇金は法律を無視した高金利で貸付を行ったり、無理な取り立てを行う悪徳業者です。

インターネット上やスポーツ新聞などでブラックOKとか審査なしなどと宣伝しているのが特徴です。

違法業者を見極めるには貸金業登録番号などを確認するといいでしょう。正規の会社であれば登録番号が割り当てられ、金融庁のHPで確認することができます。

借入先がなかなかみつからない人や信用情報に問題がある人などをカモにしますので、怪しいと思ったら関わらないように気を付けましょう。闇金トラブルに巻き込まれた場合には法律の専門家などに相談するようにしましょう。

基本知識をしっかり頭に入れて賢く借入するのが上級利用者だ!

借入前に知っておきたい消費者金融の基本知識はいろいろありますが、申込の流れ、返済ルール、注意点の3つは必ず把握しておいてほしいポイントです。銀行カードローンと比べた時の消費者金融のメリットデメリットにも注目です。

日常生活のすべてにおいて言えることですが、利用方法や仕組みを理解せずに使用することでトラブルが起こる確率は高くなります。あるいは知らないために損をすることもあります。

消費者金融の利用方法は決して複雑ではありません。申込資格、申込方法、必要書類などを理解していればスムーズに申込が完了します。またトラブルを招きやすい返済についてもルールを把握しておくことで万が一返済に行き詰まった場合にも対応することができます。

返済シュミレーションの活用法や闇金の見極め方などの情報も消費者金融初心者にとっては貴重です。基礎知識を身に着け賢く利用すれば消費者金融はピンチを助けてくれたり、生活にちょっとした余裕を持たせてくれる有益な存在です。良い部分だけではなく、トラブルについても把握しておくことが大事です。

消費者金融申込時の必要書類とは?これがないと審査ができない!?

消費者金融等のカードローンに申し込む際、スムーズに手続きを進めておきたいのであれば、申し込みの際に必要となる「書類」を用意しておくことをオススメします。 沢山の種類を用意しなければならない、ということはありません...

続きを読む

消費者金融から会社に電話!?いわゆる「在籍確認」の流れと注意点

消費者金融・銀行に限らずカードローンを利用する場合、大体の流れは「申し込み→審査→利用」と決まっています。 やはり重要なのは「審査」で、審査に可決しないとそもそも利用することが出来ません。 審査の内容は各社違い...

続きを読む

消費者金融でお金を借りるなら「総量規制」の知識は必須!簡単に説明

「お金がなくてピンチ!」そんな時に役立つのがカードローンです。 カードローンの借り先として真っ先に挙げられるのは「消費者金融」かと思いますが、消費者金融でお金を借りるのであれば、必ず知っておきたい知識があります。...

続きを読む

消費者金融で借りたお金の返済方法5つ、自分に合うやり方を選ぼう!

消費者金融でお金を借りる前に、チェックしている項目はありますか? 多くの方は「利用限度額・金利」と答えるかと思います。 確かにそれも大事です…が、他にも大事なチェック項目があります。それは「返済方法」! お金...

続きを読む

消費者金融なら即日融資も可能!借入までスムーズに進めるコツ

「お金が足りない!」という時の頼りになるサポーター、それがカードローンです。 …が、カードローンでお金を借りられるといっても、借りられるのが3日後や5日後では意味がない!今お金が必要!というケースも少なくないです...

続きを読む

消費者金融で50万円借りた場合の返済をシュミレーションしてみた

家電製品の買い替えや家族の急な入院。急にまとまった額のお金が必要になるのはよくあることです。しかも最近は人件費や原料費の高騰で支出が増える一方…。利息はなるべく抑えたいですね。 消費者金融で利息を抑えるには、...

続きを読む

消費者金融で10万借入れ、事前の返済シミュレーションで安心利用!

急な出費がかさんで今月は金欠ぎみ。少し借りられると助かるんだけど…。こんなとき、小額を即日融資してくれる消費者金融はほんとうに助かります。 でも、返済計画はしっかりたてていますか?小額だから大丈夫だろうとたか...

続きを読む

消費者金融の申込にマイナンバーは必要?個人情報が気になる!

消費者金融の利用を決めたら最初のハードルは申込ですが、申込方法や申込に必要な書類について気になります。申込は面倒くさそう、時間がかかりそうという意見が多いのですが、その他にも個人情報を知られてしまいそうで気になると...

続きを読む

消費者金融の申込に必要な書類とは?収入証明は必ず必要なのか

消費者金融に興味はあるけれど実際に利用するのを迷っているという人が多いのは、消費者金融の申込方法についてわからない点があるからではないでしょうか。疑問を持ったままお金を借りるのはよくありません。 消費者金融の最初...

続きを読む

消費者金融の利用なら無人契約機が便利!ただし、注意点もある!

消費者金融は手軽で安全なだけではなく、とっても便利になったと高い評価を得ています。以前は銀行に比べるとサービスが劣ると思われていましたが、現在では利用者の立ち場に立ったサービスを提供してくれます。 インターネット...

続きを読む
トピックス
ページトップへ